全体図

注文フォーム
山水画(水墨)の一覧に戻る

商品番号...... sm29
商品名......... 山水図「柳湾漁隠」
表具サイズ... 209×42cm  合せ箱(高森碎巖識)
本紙サイズ... 136.5×31cm  紙本 軸端・紫檀 
作者.............. 浦上 玉堂
価格.............. \ 280,000

浦上 玉堂
  名は弼、字は君輔、玉堂は号、通称は兵右衛門、
  別号に穆斎。備前に生まれ岡山藩に仕える。のち
  琴を携えて遊歴、田能村竹田・木村蒹葭堂・谷文晁
  ・岡田米山人と親交あり。晩年は京都に住。
  文政3年(1820)没、76才。

高森 碎巌(たかもり さいがん)
  近代南宋画の大家。上総の国(千葉県)長南町に生まれる。
  幼名宗之助、名は敏、字は子訥、通称有造、翠巌・菊梁・
  朶香・遂頑居士・自知斎・七松園・双松庵等の別号を持つ。
  江戸に出、服部蘭台に儒学を学び、17歳で渡辺崋山の高弟
  山本琴谷に師事。格調を持った山水花鳥画を得意とし、後
  に与謝蕪村に私淑したと言われている。南宋画に対する研
  究、眼識は当代随一と称され鑑識、鑑定家としてもその重
  きを為した。船会社や司法省に勤務するが、画業に専念、
  公の展覧会には出品せず画作を続ける。
  南画会の結成に参加。日本美術協会会員。
  弘化4年〜大正6年        

   拡大図

拡大図
拡大図
拡大図 拡大図
拡大図
拡大図
 合せ箱蓋裏
拡大図

 二重箱外箱
拡大図