全体図

注文フォーム
水墨人物画の一覧に戻る

商品番号........ jm10
商品名............ 布袋自画賛
表具サイズ..... 197×38.2cm  合せ二重箱(識あり)
本紙サイズ..... 104.5×27.5cm  紙本  軸先・象牙
作者................  沢庵和尚(資料付きです)
価格................  売約済み

沢庵 宗彭(たくあん そうほう)
  天正元年12月1日(1573年12月24日)〜 正保2年12月11日(1646年1月27日)
  安土桃山時代から江戸時代前期にかけての臨済宗の僧。大徳寺住持。
  諡は普光国師(300年忌にあたる昭和19年(1944年)に宣下)。
  号に東海・暮翁など。但馬国出石(現兵庫県豊岡市)の生まれ。紫衣事件
  で出羽国に流罪となり、その後赦されて江戸に萬松山東海寺を開いた。
  書画・詩文に通じ、茶の湯(茶道)にも親しみ、また多くの墨跡を残している。
  一般的に沢庵漬けの考案者と言われているが、これについては諸説あるとのこと。

拡大図
拡大図
拡大図


 二重箱外箱