全体図

注文フォーム
書・墨蹟の一覧に戻る

商品番号........ 掛軸 w 3
表具サイズ..... 195×56.5cm  合せ箱
本紙サイズ..... 113.5×42.2cm  紙本  軸端・塗り
作者................ 福岡藩主黒田家最後の殿様 黒田長知
価格................ \ 35,000

※ 「真如月」と書かれています。
   「真如」とは仏教用語で「あるがままに ある状態のこと。」とあります。
   「真如」が一切の迷いを破る。
   闇を照らす「月」に例えているそうです。

   

黒田 長知(くろだ ながとも)
  初名慶賛(よしたか)。号は、南洲、如淵。伊勢国津藩主藤堂
  高猷(たかゆき)の次男として江戸に生まれ、嘉永1(1848)年
  福岡藩主黒田長溥の養子となる。井上文雄・本居豊穎門人。
  儒学を佐藤一斎、書を市川米庵に学ぶ。著書に『淵の玉藻』がある。
  明治2年筑前福岡藩主黒田家12代。この間の文久3年(1863)の8月18日
  の政変後、養父にかわって長門、萩藩の赦免を朝廷と幕府にはたら
  きかける。明治35年1月9日没、65歳。


拡大図
拡大図