全体図

注文フォーム
人物画(彩色)の一覧に戻る

商品番号........ 掛軸 jc37
商品名............  銭拾い図
表具サイズ..... 200×55.7cm 合せ箱
本紙サイズ..... 114.5×41.7cm  絹本 軸端・樹脂
作者................. 榊原 文翠
価格................. \ 35,000

※ 最晩年の6月の作品です。

※ 鎌倉後期の武士、青砥 藤綱(あおと ふじつな)が、
   ある夜、滑川に銭10文を落とし、従者に命じて銭
   50文で松明を買って探させたことがあった。
   「10文を探すのに50文を使うのでは、収支償わない
   のではないか」と、ある人に嘲られたところ、藤綱は
   「10文は少ないがこれを失えば天下の貨幣を永久
   に失うことになる。50文は自分にとっては損になるが、
   他人を益するであろう。合わせて60文の利は大である
   とは言えまいか」と答えた。この話を描いた作品です。

榊原 文翠
  幕臣榊原長基の子。幼名は芳太郎、名は長敏、
  別号に佳友・鶴松翁・気揚山人。初め谷文晁
  の門に入り、のち大和絵を描く。有職・歴史
  的人物画を得意とする。京都住。
  明治42年没、86才。

拡大図

拡大図
拡大図
拡大図
拡大図